若ハゲの原因と対策を徹底解説!

若ハゲの原因と対策を徹底解説!

若ハゲ若ハゲとよく目にしますが、具体的にどこかがら若ハゲなのでしょうか。

もしかすると、自分は若ハゲなのかも?と不安に思ってしまう人もいますよね。

でも、ここを読めば安心です。この記事でわかることは、以下の3つ。

この記事でわかること
  1. 若ハゲの定義
  2. 若ハゲの原因
  3. 若ハゲの予防と対策

そもとも若ハゲってなに?

髪全体のボリュームが少なかったり、部分的に薄毛になるなど10~20代前半と若い世代の男性に起こる症状は若ハゲと呼ばれています。

若ハゲはAGAと呼ばれるゆっくりと進行していく薄毛の症状。若い年齢層の男性に起こるのが若ハゲと呼ばれる若年性脱毛症です。
一部がごっそりと毛が抜ける薄毛は病気が関係していることが多いですが、こういった症状は非常に稀であり男性の薄毛の9割の原因はAGAにあります。

AGAの症状には主にO字型とM字型、U字型の3種類あります。

O字型は頭頂部のつむじから円形に薄毛が進行するのが特徴。症状が進行すると側頭部と後頭部のみ毛が残る状態になるのです。

M字型は左右のこめかみ部分からM字のように薄毛が進行する特徴を持っており、頭頂部の毛を少し残しつつ進行するのがU字との大きな違いだといわれています。

最後のU字型は額部分が全体的に後退していき、薄毛が進行していく特徴を持ちます。

症状が進行していくとUのように側頭部と後頭部の毛が残る状態になるのです。
男性型脱毛症はこの3種類のいずれかで薄毛が進行していくか、複数のタイプが混合した薄毛の症状が特徴。

初期症状として抜け毛の量が増えたと感じたり、髪質が細く柔らかくなってハリがなくなったと感じるなら、症状が進行している可能性が高いです。

若ハゲになる原因はさまざま

若ハゲを含むAGAは、日本人男性の約3人に1人が発症する非常にポピュラーな症状です。

実際に抜け毛や毛質の変化といった初期症状が現れやすくなる時期が20~30代後半だといわれています。
人によっては10~20代前半の若い世代で薄毛になってしまう人も多いです。若年性脱毛症が進行するのは複数の原因によって複合的に発症してしまうからだといわれています。

たとえば男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロンからは、脱毛ホルモンが生成される作用があります。

男性ホルモンが多く分泌されることにより脱毛ホルモンが生成され、通常よりも毛髪が早く抜け落ちてしまうのです。

脱毛ホルモンは関連する脱毛酵素の量が遺伝や体質によって元々決まっているため、ハゲやすい体質を持った方が一定数いることになります。

他には日常生活で蓄積しがちが過度なストレスが、頭皮の血行不良を招き毛が伸びづらくなっている場合と、生活習慣の悪化などが挙げられます。

睡眠不足や栄養バランスが偏った食事、運動不足は頭皮似十分な栄養が行き渡らず、血行不良の原因となります。

不規則な生活を続けることによって、髪の成長に必要なヘアサイクルが乱れやすくなってしまうことで、毛が十分に育たず毛質が弱く細くなる原因に繋がります。

若ハゲの予防と対策は?

毛が抜けるようになったり、毛質が以前よりも悪くなっていると感じているならAGAの症状が進行している可能性が高いです。

若ハゲの予防や対策をするには、一度普段の生活習慣を見直しストレスを溜め込んでいないか、不規則な生活をしていないか生活習慣を整えることから始めましょう。

薄毛の症状は進行のレベルに適した対策が必要です。これは薄毛の症状が進行していくほど、強い効能のある薬や治療が必要となり副作用のリスクや費用も増えていくためです。

そのため初期症状であれば、生活習慣やヘアケアを見直すだけでも十分に対策することが出来ますし、高額な治療を行う必要はありません。

既にO字、M字、U字といった部分が薄くなり始めている場合は、市販されている育毛剤で頭皮ケアを行いましょう。
薄毛が目立ちやすくなっている場合は市販の育毛剤よりも一度AGA専門外来に相談をして医師の指導を受けることをおすすめします。

医療機関では内服薬や外用薬といった治療薬を処方し、治療を進めていくことになるのです。

症状に合わせて処方される薬は異なりますが、ポピュラーなのが発毛効果の高いミノキシジルが配合されたミノキシジルローションや、プロペシアの内服薬などが挙げられます。

プロペシアは2005年に認可された国内初の男性型脱毛症の治療薬であり、薄毛改善効果を服用者の約8割出ている特徴を持っていることや副作用が少ないことも特徴の一つです。