薄毛&ハゲの原因はストレス!?その理由を解明

薄毛&ハゲの原因はストレス!?その理由を解明

ストレスは体に様々な悪影響を及ぼしますが、薄毛の原因にもなり得ます。

ここでは、ストレスと薄毛の関係を徹底解説しています。最近毛が抜けてきた?と思っている人はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事でわかること
  1. ストレスがもたらす影響
  2. ストレスと抜け毛の関係
  3. ストレスとの向き合い方

ストレスは薄毛以外にも体にさまざまな影響をもたらす

ストレスは薄毛を始めとして、食欲不振や内臓機能の低下、それにうつといった影響をもたらします。

人間社会においてストレスはつきものですが、強い影響を受ける状況が長く続くと悪影響が発生し始めます。

最初に影響を受けるのは、血行を司る自律神経です。自律神経の働きが乱れると血行が悪くなっていきます。

更に、ホルモンバランスが崩れ始め、イライラ感や抑うつな状態が多くなるのです。

男性ホルモンは、体の成長と共に分泌量が増加します。しかし、20代を過ぎると減少に転じて緩やかに現象

加齢による男性ホルモンの減少は影響が小さいですが、強いストレスを受けて生じるホルモンバランスの乱れは、大きな影響をもたらします。

食欲不振が発生すると、栄養不足や偏りに繋がり、内臓機能が低下することで悪循環に至ります。

一方では、気持ちが乱れたり沈むこともあって、不安感が急激に増したりもします

このように、薄毛以外にも体にさまざまな影響があります。ストレスは適度に発散するなどして上手く解消することが大切です。

蓄積する一方だと影響も強くなり、心も体もボロボロになりかねないので気を付けましょう。

直接的にも間接的にも、髪が影響を受けてしまうので、薄毛を考えてもホルモンバランスの乱れは避けましょう。

ストレスと抜け毛の関係性とメカニズム

ストレスと抜け毛は、切っても切り離すことができない関係です。血管が収縮することによる栄養不足と、抜け毛の増加や薄毛に結び付きます。

特に、末梢血管の血流が悪化します。
毛細血管で栄養が運ばれる毛乳頭に栄養が行き届きにくくなるのです。

その結果、髪の毛の成長に必要な栄養が不足し始め、毛が抜け始めます

手足の指先が冷たくなっている人は、この状態に陥っている可能性があります。早めに対策を始めた方が良いでしょう。

ストレスはホルモンバランスにも影響します。髪の毛には男性ホルモンも深く関わっているので、これが不足すると薄毛になるのです。

ストレスによる抜け毛は血行不良だけでなく、ホルモンバランスの変化も影響を与えています。

血流の大小は、手足の冷たさである程度測れますが、ホルモンバランスは外からだと分かりません。

気が付く切っ掛けが抜け毛だと、既に影響が進行している恐れが強いです。あまり猶予がない状況で薄毛のリスクに直面していることも考えられます。

薄毛を防ぐには、抜け毛を減らすことが先決ですが、その為には心身を健康な状態に保つことが不可欠です。
血流も男性ホルモンの分泌も、停滞や不足が起こると髪の毛の影響は避けられません。これらを引き起こす原因には日頃から対処することが重要です。

ストレスと上手く向き合って薄毛を軽減しよう!ストレスとの向き合い方

ストレスは上手く向き合い付き合うことで、抜け毛を減らしたり薄毛を軽減できます。

ストレスの要因をストレッサーといいます。例えば、人との付き合い方や将来に対する漠然とした不安や、仕事のノルマと達成の圧力などです。

恋愛も時にストレッサーになり、パートナーから結婚のプレッシャーが掛けられるとストレスが生じます。

ストレッサーになり得るものは身の回りにいくつもあって、避けて通るのは至難の業です。

ストレスは回避するよりも、上手く向き合う方法を考える方が現実的でしょう。
なるべく悩まないように心掛けたり、定期的に発散する機会を設けるのが得策です。

薄毛の進行は、心身が受ける負担によって変化します。

緊張する時間よりもリラックスできる時間が上回れば、それだけ抜け毛が減らせるのです。

薄毛の進行を食い止める生き方は以下の二点。

  • 上司に叱られても反省を済ませいつまでもくよくよしない
  • 仕事に行き詰まったら気分転換をして発散する

人間関係や今後のことは誰もが不安を抱えています。しかし、それは人類にとって普遍的な悩みだと思えば、特別悩む必要はなくなるでしょう。

完全に悩まないのは不可能だとしても、悩む時間を減らすことや、不安感を小さく抑えることは可能です。

1つの考えにとらわれてしまうと、ずっと同じ不安が堂々巡りしてしまいます。

不安に支配されてしまう人は気持ちの切り替え方を身につけるのが良いです。