フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品

NO IMAGE

フィンペシアは薄毛症状を解消してくれる薬

現在、成人男性の5人に1人は薄毛の症状に悩まされていると言われています。そんな悩みを解消してくれるのがフィンペシアです。

フィンペシアは、プロペシアのジェネリック医薬品、同じくフィナステリドを主成分とするAGA治療薬です。フィナステリドは、もともと前立腺肥大の治療薬として研究を進められていました。その研究から毛が生えてくるという作用も持つことが分かり、そこから本格的なAGAに対する治験が行われることとなったのです。

フィナステリドは、AGA治療の代表的な薬です。その一方で、今もまた前立腺癌の発症予防効果も得られます。

フィンペシアは、ジェネリックだからこそ、プロペシアよりも安価に手軽な価格で手に入ります。ただし、インド製ジェネリックゆえに詳しくはコピー版と言うこととなり日本では出回っていません。手に入れるには、通販(個人輸入)を利用するしかないのです。

通販で購入する場合は、人に知られることなく薬を入手できます。AGAはデリケートな悩みなので、通販のほうが都合が良いかもしれません。

フィンペシアを作っている製薬会社はインドの大手企業

フィンペシアを作っているのは、インドのマハラーシュトラ州・ムンバイに拠点を置くシプラ社(Cipla
Limited)です。1935年設立と歴史が長く、従業員は20,000人います。売上高は1,700億円と言われており、インドでは3番4番手の大会社です。

抗がん剤やHIVワクチンなど、1,500種類以上の治療薬を150か国以上で発売する実績も持っております。フィンペシアはインド製のコピー版バイアグラですが、特段怪しいというわけではありません。フィンペシアについては、アメリカの食品医薬品局やWHO-GMPも認めており、安心して使えます。実際使っている方は、世界中にたくさんいます。

ただし、フィンペシアを装った偽薬を販売しているような会社もネット上には多く存在しています。信頼できる個人輸入代行業者を使って手に入れましょう。

シプラ社は、「安価で高品質な薬剤をつくること」を企業理念としています。その理念から、ジェネリック医薬品の開発にも力を入れているのです。シプラでは、ED治療薬を始め、AGA治療薬から避妊薬、高血圧症や心臓病治療薬まで、さまざまな医薬品を製造しているのです。
シプラの知名度は日本では低いですが、シプラのジェネリック医薬品は、他のジェネリック医薬品よりも価格が安めに設定されています。

AGAの診断には高島分類を用いる

額の生え際までの距離を測った場合に頭頂部から2cm以下であればAGAと言われています。これがハミルトン・ノーウッド分類と言って、AGA進行度について国際的に参照されているものです。

アメリカ人医師であるハミルトン氏が作り、のちにノーウッドという別の医師が改定されました。ただし、ハミルトン・ノーウッド分類は、欧米人を対象としたものです。日本人などアジア人にはそぐわない部分もあります。日本人の具体的な症状に即して、修正した高島分類を参考にしましょう。

プロペシアは、効果は抜群ではあるものの、薬剤であることには変わりません。できれば使用するのは限られた期間に限定したほうが良いでしょう。

AGAではないのに治療薬を服用しても、副作用のリスクがあるだけです。そのため、これらの分類を参考に、フィンペシアを使うべきかどうか参考にしましょう。セルフチェックだけでは、限界もある為、薄毛治療を専門としている病院で専門医で受診すると確実です。


AGAは、自然治癒しません。効果的な薬剤を用いて、確実に治療するのが良いでしょう。