フィンペシアの正しい飲み方は1日1錠決まった時間に飲むこと

NO IMAGE

フィンペシアは毎日決まった時間に飲む

男性型脱毛症・AGAの治療薬として、真っ先に名前が挙がってくるのがプロペシアではないでしょうか。そのインド版ジェネリックがフィンペシアです。フィンペシアは、プロペシアと同じようにフィナステリドを主成分として持っています。服用方法についてもプロペシアと全く同じです。

フィンペシアの飲み方は、同じ時間に毎日1錠服用します。用量用法を守ることで、半年ほどで効果が現れてくるのが実感できるでしょう。成分を変化させないためにも、水かぬるま湯を用います。

AGAの主因子となるのは、男性ホルモンが変異したジヒドロテストロンです。ジヒドロテストロンは、5αリダクターゼと結合することで生成されます。フィナステリドには5αリダクターゼの働きを阻害するのです。

フィナステリドは、服用してから4時間も経つと身体から排出され始めます。しかし、フィナステリドは、24時間後には体内から消え去ってしまうのです。

そうなると、AGAの進行を抑える効果もなくなってしまうので、とにかく毎日服用を続けましょう。常に成分が体内で作用していなければ意味がないのです。

フィンペシアを飲み忘れた場合の対応方法は飲み忘れに気付いた時間によって異なる

フィンペシアは、その有効成分が常に体内で働いていることが重要になります。体内に存在しない時間ができてしまったら、せっかく続けてきたことが意味がなくなるのです。

そのため、できるだけ飲み忘れしないように、飲みやすい時間で時間設定しておきましょう。たとえば、朝食後などいつもやっている動作と合わせて設定しておくと、習慣化しやすいです。

飲み忘れた場合の対応方法は、飲み忘れに気付いた時間によって異なってきます。

24時間以内であれば、気づいた時にすぐ服用しましょう。1日で2錠飲んでしまうことになるものの、過剰摂取で副作用が出るようなリスクも少ないです。気にせず次の錠剤はいつもの時間帯で服用するようにしましょう。

24時間以上空いてしまっていたならば、昨日の分は諦めてください。その日の分だけ1錠服用することにするのです。

髪の毛の伸びる速度は、とても遅いです。薄毛改善に有効なフィンペシアでも、効果が得られるまでにはそれなりの時間がかかります。とにかく早く良い方向に向かわせたいというならば、1日1錠という適量を毎日忘れないようにきちんと服用することです。

フィンペシアはAGAの予防薬として飲むべきではない

フィンペシアは、AGAの症状が気になり始めてから服用することを推奨されています。具体的に、薄くなったかもと実感が伴ったタイミングが効果的です。抜け毛が多くなったと体感したときもAGAが始まっている可能性があります。

フィンペシアは、副作用が多い薬なのです。女性や子供は触れることも危険な禁忌薬とされており、服用を止めて1ヶ月経過しないと献血も禁止されています。

使用している男性側にも危険はあります。抗悪性度前立腺がんの発生確率が高まるのです。性欲の減退・勃起不全・精子の減少といった症状も確認されています。研究により、たとえ服用を10年間ストップしたとしてもリスクは継続するのです。。

こういったリスクを背負いたくなければ、継続的に使用するのではなく、どうしても必要と思われた時に服用しましょう。自身はもちろん妻や子どもたちにもリスクを負わせることとなってしまうからです。
そもそも、不妊の可能性がります。性欲の減退・勃起不全・精子の減少が生じれば、子孫を残せません。

プロペシア・フィンペシアのリスクを把握しつつ、服用しましょう。