フィンペシアの副作用の噂を検証!

フィンペシアの副作用の噂を検証!

フィンペシアの副作用で太ることはない

インターネットで検索すると、フィンペシアの服用を続けたことで太った、あるいは太りやすくなったという口コミを見かけることがあります。

しかし、フィンペシアを服用することで体重が増加することを示す科学的なデータはありません。

フィンペシアを飲んで太ったら、併用しているミノキシジルの副作用の可能性があります。

フィンペシアを服用している人の中には、育毛剤のミノキシジルを併用している人もいるでしょう。ミノキシジルを使用していると、副作用としてむくみが起こる場合があります。それを肥満と勘違いしてしまうことから、フィンペシアの副作用に肥満があると思われてしまうのです。

また、糖尿病腎不全肝硬変など、むくみの症状を起こす病気があります。

これらの病気が脱毛を引き起こすこともあります。

フィンペシアと肥満の因果関係は科学的に証明されていません。食べ過ぎたり生活習慣が変わったりしたわけでもないのに体重が増えた場合は併用しているミノキシジル持病が原因である可能性があります。

フィンペシアは血圧には影響しない

フィンペシアは、血圧に影響する副作用はありません。そのため、高血圧の人でも低血圧の人でも問題なく服用することができます。

一方、ミノキシジルには血圧に影響を及ぼす可能性があります。

ミノキシジルは、もともと血圧を下げるための薬として、高血圧の人に処方されていました。そ副作用として体毛が濃くなったことから、発毛効果があると認識され、AGA治療薬として普及したのです。

そのため、ミノキシジルを使うことで血圧が上がる可能性があります。リアップの添付文書には、副作用として胸の痛み心拍が早くなるといった症状が記載されています。

フィンペシアは、高血圧の人でも低血圧の人でも使って問題ない薬です。自分が使っても問題ないか不安な人は、AGA専門の病院を受診し、医師の診察を受けるとよいでしょう。

フィンペシアは病院で扱っていません。病院を受診した場合、プロペシアやプロペシアの国内製ジェネリック医薬品が処方されます。個人輸入でフィンペシアを買うよりも費用は高くなりますが、より安全に治療ができます。

フィンペシアで抑うつ症状がでる可能性がある

フィンペシアを服用するようになってから、抑うつ症状がでる可能性があります。症状はさまざまで、倦怠感を感じたり、気持ちが沈みやすくなったなどの症状が報告されています。

これらの症状は、100%フィンペシアが原因だと断定することはできません。しかし、服用を始めてから急激に変化が現れたのであれば、フィンペシアの副作用である可能性が考えられます。

プロペシアの添付文書には頻度不明の副作用として抑うつ症が記載されています。

抑うつ性は仕事や日常生活に支障をきたしたり、酷いケースでは自殺願望を抱くまでに深刻化してしまったりすることもあります。

フィンペシアとうつ病の関係については、いまだ明確化されてはいません。しかし、主成分のフィナステリドに原因である可能性があります。フィナステリドは、男性ホルモンに影響を与える成分です。

ホルモンバランスが乱れることで、うつやそれに似た症状が起こります。フィンペシアを飲んで精神的な変化を感じたらフィンペシアの服用を中止し、医師に相談しましょう。