フィンペシアはミノキシジルと併用すれば効果が上がる

フィンペシアはミノキシジルと併用すれば効果が上がる

プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアは、長期的に使い続けることでAGAを改善します。一方、AGA治療にはミノキシジルがという薬も有効です。
フィンペシアとミノキシジルは併用することでAGA改善効果がアップするのです。

フィンペシアはミノキシジルと併用することで効果が上がる

フィンペシアとミノキシジルは、併用することで発毛効果が上がることが知られています。

フィンペシアは、髪の毛生えてから抜けるまでのサイクルを正常にし、抜け毛を抑えます。

一方、ミノキシジルは、毛根にある毛乳頭細胞に作用し、髪の毛の成長を促すとされています。

抜け毛を抑えるフィンペシアと、髪の毛の成長を促進するミノキシジルを一緒に使うことで、より確実に抜け毛や薄毛を改善できるのです。

2つの組み合わせの併用効果は、医学的にも認められています。AGAに悩む人にとっては強い味方です。

フィンペシアとミノキシジルは、作用のしかたが違うため、同時に使っても副作用のリスクが上がることはありません。

ミノキシジルは血行を良くして発毛を促す

フィンペシアと併用するミノキシジルは、髪の毛の成長を促します。

もともとは高血圧の薬として開発されましたが、髪の毛の成長を促進させる効果があることがわかり、脱毛症の薬として使われるようになりました。

実は、ミノキシジルがどのような作用で脱毛を改善するのか、はっきりとはわかっていません。

血流を活発にすることで、血液中の酸素栄養素が髪の毛に行き渡るように働いているのではないか、と考えられています。

髪の毛の根本には毛母細胞毛乳頭細胞が存在します。毛母細胞は髪の毛のもととなる細胞です。毛母細胞が細胞分裂していき髪の毛となります。

毛乳頭細胞は毛母細胞の増殖を促すFGF-7(育毛促進因子)を作り出したり、ヘアサイクルを正常にしたりする働きをもちます。

毛母細胞が分裂するために必要な栄養は血液から運ばれてきます。ミノキシジルが血行を活発にすることで、血液中の栄養が毛母細胞に供給される結果、発毛が促されると考えられているのです。

作用の仕組みがはっきりしていないものの、発毛効果があることは医学的に証明されています。

ミノキシジルは外用薬を使うべき

ミノキシジルには外用薬(塗り薬)内服薬(飲み薬)のものがあります。基本的に、ミノキシジルは外用薬を使うべきです。

ミノキシジル外用薬は、ドラッグストアでリアップが購入できます。個人輸入代行サイトでは海外製のツゲインミントップといった製品が購入可能です。

ミノキシジルのタブレットは国内未承認のため、基本的に販売、処方は行われていません。AGA治療専門のクリニックでは、タブレットタイプを取り扱っているところもあります。

個人輸入代行サイトでは、ミノキシジルタブレットのロニタブディルノミックスという製品が販売されています。

個人輸入代行サイトとは、輸入に必要な手続きを代行し、海外の商品を取り寄せてくれる通販サイトのことです。

ミノタブは作用が強く、血管拡張作用が顕著にあらわれます。そのため、心臓に掛かる負担が大きく、肝臓や腎臓といった内臓への影響も無視できません。心臓や血管の持病がある人肝機能、腎機能が悪くなっている人が使うと重い副作用が起こり、最悪の場合、死につながる恐れがあるのです。

ミノキシジルは外用薬で十分に効果を発揮します。外用薬のため、人によっては頭皮にかゆみかぶれが起こることが起こりますが、心臓や内蔵に負担をかけることはありません。

このことから、ミノキシジルは外用薬を使うべきです。