フィンペシアを飲んで生じる初期脱毛について知る

フィンペシアを飲んで生じる初期脱毛について知る

「フィンペシアを飲むと髪が抜けるってほんと?」

フィンペシアを服用すると、最初の1週間から2週間で初期脱毛が生じます。

でも、ここを読めば安心です。この記事でわかることは、以下の3つ。

☆この記事でわかること☆

  1. 初期脱毛とは
  2. 初期脱毛が生じる期間
  3. 初期脱毛が生じる理由

    この記事では、フィンペシアの初期脱毛について完全解説します。

    フィンペシアを服用して生じる初期脱毛を簡単に解説!

    AGA(男性型脱毛症)になってしまうと、髪の毛の成長サイクルであるヘアサイクルに乱れが生じます。ヘアサイクルが乱れてしまうと髪の毛の成長過程に狂いが生じ、質の悪い髪の毛が生えるようになってしまうのです。

    フィンペシアを服用すると、乱れたヘアサイクルが正常になります。しかし、フィンペシアの使い始めに髪の毛が大量に抜けることがあります。

    フィンペシアを飲み始めたら髪が抜けた!?という方も安心してください。それ、効果が出てる証拠です。
    これは初期脱毛といいます。フィンペシアの効果で健康な髪の毛が生えることで、古い髪の毛が一気に抜け落ちるのが原因です。

    つまり、初期脱毛は薬による副作用ではありません。乱れたヘアサイクルが正常に戻り健康な髪の毛が生えてきている証拠なのです。

    初期脱毛は、新しい髪の毛が成長するための前段階と認識しましょう。
    AGAを発症しているときの髪の毛は質が落ちていますヘアサイクルが元に戻ることで、そういった質の悪い毛が抜け落ちていくのです。

    初期脱毛が終われば、太くてコシのある髪の毛が生えてきます。

    急に髪の毛が抜け落ちても服用を続けましょう。

    フィンペシアを服用してから1週間から2週間で初期脱毛が生じる

    フィンペシアを服用すると、一般的に1週間から2週間程度で初期脱毛が起きます。また、初期脱毛は、1か月から3か月程度は続くといわれています。

    全ての髪の毛が抜け落ちるわけではなく、あくまでもAGAによって細くなった古い髪の毛が抜け落ちていきます。普通、1日の中で成人は50本から100本程度の髪の毛が抜け落ちていると考えられています。

    これは、正常なヘアサイクルが働いているからです。
    一方で、初期脱毛が生じると、1日300本程度の髪の毛が脱毛します。平均すると、通常時の4倍から5倍程度の脱毛するのです。

    初期脱毛の場合は、このような脱毛が急激に始まり、突然終わるためわかりやすいです。フィンペシアは長期的に服用する薬です。

    急に髪の毛が抜け出すとびっくりするかもしれませんが、服用をやめないようにしましょう。

    半年から1年で、端から見てもわかる程度に薄毛が改善されます。

    フィンペシアの服用で初期脱毛が生じる理由を解説

    フィンペシアを服用し続けると、ヘアサイクルが回復するので、初期脱毛が生じます。

    詳しく見ていきましょう。
    男性型脱毛症は、もともと男性ホルモンが特殊な酵素と反応し、ジヒドロテストステロンに変化することによって生じます。本来、ヘアサイクルは、髪の毛が生えてから抜けるまでのサイクルを数年単位で繰り返します。

    成長した髪の毛は退行期とよばれる時期に萎縮します。その後、何も起こらない休止期を経て新しい髪の毛が作られ、古い髪の毛は抜け落ちます。

    正常な髪は、成長期が3年~5年続きます。ところが、AGAによってヘアサイクルが乱れていると成長期が短くなり、細く弱い髪の毛が増えていくのです。

    フィンペシアを服用し続けると、ヘアサイクルが回復し、質のよい髪の毛が生えてくるようになります。

    ヘアサイクルが正常になることで、古い髪が新しく生えてくる健康な髪の毛に押し上げられ、抜けていきます。これが初期脱毛!
    古い髪の毛が抜けたあとから質の良い新しい髪の毛が生えてきます。初期脱毛は一時的なものなので、深刻に考える必要はありません。