半年でフィンペシアの効果を実感!服用をやめるとどうなる?初期脱毛も解説

半年でフィンペシアの効果を実感!服用をやめるとどうなる?初期脱毛も解説

「フィンペシアで効果が出るまでどれくらいかかる?」

フィンペシアには即効性がありません。継続して服用することで、効果を発揮します。でも、どれくらい飲めばいいの?と不安に思う人も多いでしょう。

でも、ここを読めば安心です。この記事でわかることは、以下の3つ。

この記事でわかること
  1. フィンペシアの効果を実感できるまでの期間
  2. フィンペシアの効果でしっかり発毛するまでの流れ
  3. フィンペシアをやめるとどうなるのか

この記事では、フィンペシアが効果を発揮するまでにかかる期間について、AGAとフィンペシアの仕組みとともに解説します。

フィンペシアは3か月から6か月で効果が実感できる

フィンペシアは、服用を始めて3か月から6か月で効果が出始めます。AGAの症状が改善されるには、6ヶ月ほどの期間を要するのです。

フィンペシアは長期間飲み続けることが重要です。

服用から6ヶ月ほど経過すると、毛量が増え太くハリのある髪の毛に変わっていきます。生え際にはうぶ毛が生えてきて、頭皮が全体的に毛で覆われ始めます。密度が高まって地肌が透けにくくなり、薄毛が徐々に改善していくのです。

使いはじめは抜け毛が増える=初期脱毛

フィンペシアには初期脱毛という副作用があり、最初の1か月は抜け毛が増える傾向があります。

初期脱毛は服用開始後1週間から2週間以内に起こり始め、抜け毛が普段の2倍から5倍に増加するといわれています。

いきなり抜け出すので、最初はびっくりしちゃうかもです。

初期脱毛は、人によっては起こりません。しかし、多くの場合は抜け毛の増加が見られます。初期脱毛は、早ければ1ヶ月、遅くても3ヶ月で落ち着きます

初期脱毛は、AGAが改善されていく過程で起こる自然な現象なので、最初は我慢しましょう。

初期脱毛は、プロペシアによって生えた新しい毛が、古い毛を押し出すために起こります。

フィンペシアを服用して1年から3年でヘアサイクルが正常になる

フィンペシアの服用開始後1年から3年が経過すると、髪の毛が生え、成長して抜け落ちるまでのヘアサイクルが正常に戻ります。

髪の毛は数年の成長期の中で成長を続け、その後抜け落ちます。しかし、AGAになると成長期が数ヶ月から1年と極端に短縮され、髪の毛がすぐに抜け落ちるようになります。その結果、毛量が減り、生えている髪の毛も細いものばかりとなってしまうのです。

AGAの原因は、ヘアサイクルの乱れなんです。
このヘアサイクルの短縮は、男性ホルモンの一種ジヒドロテストステロンが髪の成長を阻害するのが原因です。

フィンペシアは、ジヒドロテストステロンの発生を食い止めて、ヘアサイクルを正常に戻す効果があります。短くなったヘアサイクルが正常になるには時間がかかります。

長期的に服用を続け、効果を維持する必要があるのはそのためです。

最初の6か月で抜け毛の減少が見られます。1年以上飲み続けるとヘアサイクルが正常になり、毛量と髪の毛の太さが回復することで薄毛が改善されるのです。

フィンペシアの服用は根気よく続けましょう。

フィンペシアと同じ効果をもつプロペシアの臨床試験では、1年間服用を続けた人の40%がAGAの症状がとまり、58%が毛量の改善に成功しました。

フィンペシアの服用を中止するとAGAが再発する

フィンペシアの服用を中止すると、やがて薬の影響が薄れて、AGAが再び進行するので注意しましょう。

フィンペシアを飲んでいる間はジヒドロテストステロンが抑制され、AGAの症状がおさまります。しかし、効果が続くのはフィンペシアを飲んでいる間だけです。服用をやめると再びジヒドロテストステロンが増え、AGAの症状が進行します。

フィンペシアの服用を中止すると、服用前と同じ状況なります。

ヘアサイクルの短縮化によって髪の毛が細くなり、抜け毛が増えてしまうんです。
再発までにかかる時間は、服用をやめてから1年ほどです。再発を避けるためには、継続的な服用が必要不可欠です。

フィンペシアの服用を中止しても、再び飲み始めればAGAは改善されます。なお、再び飲み始めた場合も初期脱毛が起こります。

フィンペシアでEDが起こる可能性があります。EDが生活に支障をきたす場合は服用をやめ、都合のよいタイミングで再び使いましょう。

フィンペシアは、AGAを完治する薬ではありません。飲んでいる間はジヒドロテストステロンの生成を防げますが、飲むのをやめれば、ジヒドロテストステロンの生成が再び始まります

フィンペシアを飲み続ける限り、AGAは進行しません。ただし、飲むのをやめると進行するので、ずっと飲み続けることになります。そのため、費用は高額になりがちです。

病院でプロペシアを処方してもらう場合の費用は1ヶ月につき3,000円~9,000円です。一方、個人輸入代行サイトでフィンペシアは買った場合、およそ1,000円になります。

しかし、個人輸入代行サイトでフィンペシアを通販する場合は、圧倒的に安価です。