フィンペシアは半年飲めば実感できる!服用をやめればどうなるかまで解説

フィンペシアは3か月から6か月で効果が実感できる

フィンペシアは、3か月から6か月ほどで効果が出始めます。ただし、フィンペシアには初期脱毛というものがあって、最初の1か月は特に抜け毛が増える傾向があるのです。

初期脱毛は、人によっては実感しません。しかし、多くの場合は抜け毛の増加が見られます。初期脱毛は、早ければ1ヶ月で落ち着き、遅くても3ヶ月ほどで抜け毛が減る変化を辿ります。

抜け毛が良い方向に変わるまでには、6ヶ月ほどの期間を要します。したがって、少なくともこの間は継続的に服用することが必要です。抜け毛は、服用開始後1週間から2週間以内に起こり始め、普段の2倍から5倍に増加すると言われています。

初期脱毛は、最長でも3か月程度です。フィンペシアの影響でこれ以上長く抜け続けることはありません。服用から6ヶ月ほどが経過すると、髪の毛にハリが感じられるようになったり、毛が太く立つ変化が起こります。

生え際の方には、うぶ毛が生えてきて、頭皮が全体的に毛で覆われ始めます。密度が高まって地肌が透けにくくなるので、薄毛が徐々に改善していくのです。

初期脱毛は、これは生え変わりに必要なもので、最初は我慢しましょう。

フィンペシアを服用して1年から3年でヘアサイクルが正常になる

フィンペシアの服用開始後1年から3年が経過すると、ヘアサイクルを正常に戻す効果が発揮されます。

ヘアサイクルは、数年かけて成長を続け、その後退行期に入ります。しかし、AGAになると、成長期が数ヶ月から1年と極端に短縮されるのです。その結果、短く細い毛が早く抜けてしまいます。

このヘアサイクルの短縮は、ジヒドロテストステロンが原因で、髪の成長を阻害してしまうのが問題です。
フィンペシアは、AGAの抑制に有効で、ジヒドロテストステロンの影響を食い止めて、ヘアサイクルを正常に戻しましょう。AGA治療薬のフィンペシアは、1日1回1mgが上限で、この内に有効成分が0.98mg含まれています。

フィンペシアの服用で大切なのは、継続的に服用を行うことです。
最初の6か月で抜け毛の減少が見られます。次に1年2年とヘアサイクルを正常に戻し、やがて毛量が回復するのです。
どの程度まで戻るかは、フィンペシアの服用を始めたタイミングや、発揮される効果によります。しかし、現状よりも確実に改善されるでしょう。

フィンペシアの服用を中止するとAGAが再発する

フィンペシアの服用を中止すると、やがて薬の影響が薄れて、AGAが再び進行に転じます。
AGAは、根本的な治療を行うのは難しいからです。

フィンペシアの服用を中止すると、フィンペシアの服用を始める前と同じ状況なります。すなわち、ヘアサイクルの短縮化による抜け毛の増加と、毛質の変化や毛量のダウンなどです。

再発までにかかる時間は、服用をやめてから、1年ほどで元の毛量に戻ります。再発を避けるためにはやはり、継続的な服用が必要不可欠です。

ただ、仮に服用を中止しても、再び飲み始めれば、効果が発揮され始めます。また、初期脱毛は発生するものの、それでも同じ効果が得られるのです。

フィンペシアは、AGAを完治する薬ではありません。飲んでいる間はジヒドロテストステロンの生成を防げますが、飲むのをやめた途端、ジヒドロテストステロンの生成は始まります。

そのため、フィンペシアを飲み続ける限り、AGAは進行しません。ただし、飲むのをやめると進行するので、ほぼ永久に飲み続けることになります。やめるタイミングが難しいといえます。