フィンペシアは通販で決定!効果抜群で人気のフィンペシアが安すぎる

フィンペシア通販

フィンペシアの通販は海外から

アマゾンや楽天では売っていない

フィンペシアを家の近くのお店で買えたら購入しやすいかもしれませんが、ドラッグストアや薬局では購入できません。

また、フィンペシアは、Amazonや楽天のようなさまざまな商品を扱っているようなお店でも取り扱ってません。Amazonや楽天では、認可されていない薬品を扱うことができないのです。

フィンペシアは、プロペシアのインド製ジェネリックで、効果などはプロペシアと全く同じです。また、副作用なども同じと考えられています。

しかし、フィンペシアを始め、インドジェネリックは、正当な権利がなく、ジェネリック医薬品を製造しています。インドでは、製法さえ異なれば、同じ成分で薬剤を作っても良いよいう法律があったのです。そのため、インドでは製造特許が日本などとは異なり、ジェネリック医薬品を容易に製造できます。

しかし、特許を無視した製造なので、日本では医薬品として認可されないのです。

フィンペシアは国内の医療機関では処方してもらえない

フィンペシアについて考えるときにチェックしておくべき点の1つが、病院で処方されるのかという点です。

AGA治療を目的として、クリニックへ行く方も多くいます。ここで押さえておきたい点の1つが、病院で処方されるのはフィンペシアではなくプロペシアであるという点です。

プロペシアがクリニックで選ばれている理由は、厚生労働省が認めているという点にあります。プロペシアは、日本皮膚科学会が承認している薬でもあるので、多くのクリニックが採用しています。病院から選ばれている薬だからこそ、安心して利用できるというのもプロペシアのメリットの1つです。

また、上述した通り、フィンペシアはインドジェネリックで、厚生労働省から認可されていません。認可されていないものを処方するクリニックはなかなかないでしょう。もちろん、フィンペシアを処方しているクリニックも中にはあるので、あらかじめ問い合わせてみるのも良いです。

ただし、病院でプロペシアを処方してもらう場合は保険が利かないので、値段が高額になります。その点も留意して、病院で診察を受けましょう。

フィンペシアは通販で購入できる

フィンペシアは、海外通販(個人輸入)でのみ購入できます。実際の、フィンペシア通販ページも紹介します。

フィンペシアの位置づけは、プロペシアのジェネリックです。しかし、上述したように、フィンペシアは、プロペシアの特許が切れていない段階で、ジェネリック医薬品としてインドで製造されています。インドで物質特許が定められたのが2005年なので、それ以前に製造されていた場合は、特許がなくても製造できたのです。

フィンペシアは、国内では製造販売されていない薬で、海外から個人輸入を利用することで購入できます。個人輸入と聞くと、自分で面倒な手続きが必要と考える方もいるかもしれません。しかし、消費者側から考えてみると、通常の通販と同じように利用できるのがポイントの1つです。個人輸入代行サイトも、サイトに行って商品を選んで購入手続きを終わらせれば届くのを待つだけとなります。

また、値段もプロペシアを国内で購入するよりも圧倒的に安くなっています。フィナステリドでAGAを治療する場合は、とにかく継続的に摂取することが重要です。フィンペシアは安価でコストパフォーマンスが良いので、AGA治療には向いています。

フィンペシアの通販は誰でも楽ちん!簡単にできる

フィンペシアを海外から取り寄せる方法

フィンペシアは、海外から通販で取り寄せることが可能です。正規品を個人輸入する形で手に入れられます。

フィンペシアは、国内で手に入りません。インド製のジェネリック医薬品で、厚生労働省から認可されていないからです。そのため、オリジナルのプロペシアが主流となっています。

厚生労働省から認可されていないので、国内通販では処方せん医薬品の取り扱いができません。一般的な通販サイトで購入するのは不可能です。そのため、フィンペシアは海外通販でしか入手できないと考えておきましょう。

海外通販と言っても、取り寄せたい商品を選んで注文をするだけです。サイトでのやり取りは日本語で、支払い方法もクレジットカードや銀行振込などです。国内の通販利用と同じなので、簡単に注文できます。

フィンペシアを通販して到着するまでの流れ

ただし、本人が個人名を用いて、自宅で受け取らなければなりません。法人名だと、商品を発送してもらえなかったり、税関で止められて送り返される恐れがあります。

フィンペシア通販のメリットとデメリット

フィンペシアの海外通販では、メリットとデメリットがあります。

通販のメリットは、価格が安い上にまとめ買いができ、自宅にいながら医薬品が取り寄せられることです。国内の病院や通販で取り扱いがない医薬品でも、自己責任の個人輸入で入手できます。

一方、デメリットは、注文しても即日手に入れることは不可能という点です。フィンペシアは海外から取り寄せるので、輸送日数や税関を通る手続きが必要です。受け取りまでに1週間から2週間ほどかかると考えておきましょう。

また、副作用被害救済制度が利用できない点もデメリットと言えます。

副作用被害救済制度とは、重篤な副作用が発生した場合、副作用による健康被害者を救済する制度です。個人輸入だとこの副作用被害救済制度が使えないので、リスクが気になる人にとってデメリットとなります。

ただし、正規品なら成分的に危険はありません。副作用や注意点以上のリスクはないので、後は使用する本人次第で安全な服用が行えます。

体に不調を感じたら服用を中止して医師に相談しましょう。この点に注意することで上記のデメリットは回避できます。

海外通販はメリットが大きいですが、同時にデメリットも存在しています。それらを鑑みた上で、利用しましょう。

フィンペシアを安く手に入れるなら、あんしん通販マートやオオサカ堂がおすすめ

フィンペシアは、あんしん通販マートやオオサカ堂、お薬ラボでの購入がおすすめです。

あんしん通販マートは、安心を重視している通販サイトです。1mg150錠が約7,000円で買えるほか、サイトに専属の薬剤師がいます。

ココロ薬局でもフィンペシアの取り扱いがありますが、やや高額です。

海外通販サイトの代表格のオオサカ堂は、1mg100錠が約3,000円、2箱で5,000円程度で、とてもリーズナブルです。同じく日本語対応のお薬ラボは、1mg150錠が約6,000円と言えます。

いずれにしても、これらの通販サイトは、全て日本語に対応済みです。また、知名度と実績があるので信頼できます。最後は、自己責任を伴う判断が必要です。少なくとも知名度が低かったり、日本語の内容が微妙な通販サイトは利用しないようにしましょう。

サイトによって1錠の価格に差があります。しかし、それほど大きな差ではないので、いずれを選んでもそれほど損をする恐れはありません。
成分分析表を公開しているサイトもあるので、知名度の高いサイトであれば安心です。

フィンペシアはAGA治療に効果的な薬

薄毛の原因物質をストップ

フィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

AGAとは、皮膚病など他の原因なしに発生する進行性の脱毛現象のことで、主として中年期以降の男性によく見られます。発生の時期には個人差があり、思春期以降であれば誰でも発現する可能性があるのです。

AGAは、ジヒドロテストステロンと呼ばれる体内物質によって引き起こさます。フィンペシアは、このジヒドロテストステロンの生成を阻害するのです。この作用により、頭皮環境を改善し、毛母細胞が正常に活動するのを助け、AGAの進行を食い止めます。

フィンペシアの効果が現れやすい部位は、主に頭頂部と前頭部です。というのも、ジヒドロテストステロンが発生しやすく、AGAの症状が出やすいのがこの2か所だからです。典型的な進行パターンとしては、頭頂部と前頭部で抜け毛が増え、生え際が後退していきます。

進行のスピードは人によってまちまちですが、自然に治癒することがないという点では共通しています。そのため、フィンペシアを用いた早期の治療開始が必要となります。

フィンペシアの主要成分はフィナステリド

フィンペシアの主要成分はフィナステリドという薬品です。フィンペシアは、もともとは前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として開発が進められていました。しかし、臨床試験の過程で被験者に脱毛症の改善作用が見られたため、AGAの治療薬として実用化されたのです。

AGAの原因となるジヒドロテストステロンは、テストステロンが体内に存在する還元酵素と結びつくことによって生み出されます。この酵素は、5αリダクターゼと呼ばれています。フィナステリドには、この5αリダクターゼの活動を阻害する作用があります。そのため、テストステロンがジヒドロテストステロンに転換されるのを抑えることが可能になるのです。

なお、ジヒドロテストステロンは毛の成長を妨げて抜けやすくさせます。フィナステリドは、その発生を抑制することから、発毛のサポートや脱毛を防止する作用があるのです。新しく毛を生やすための薬ではありません。ただし、国内の臨床試験においては髪の量が増えてきたという結果も報告されており、またその報告数は使用年数が長くなるにつれて増加しています。

フィンペシアは5αリダクターゼの活性を阻害する

ジヒドロテストステロンは抜け毛を増やすという意味では一種の「悪玉物質」です。筋肉や骨の成長、男性生殖器の発達などを促すという、大切な役割を持っています。ただ、生成量が多すぎると頭髪や前立腺などに悪い影響を及ぼします。

体内で生み出されたジヒドロテストステロンは、細胞内にあるアンドロゲンレセプターと結合し、遺伝子を活性化させます。この作用が毛母細胞で起こると、自然なヘアサイクルに狂いが生じます。その結果、毛が十分に育ちきらないうちに抜けやすくなってしまい、薄毛状態となるのです。

フィンペシアの主要成分であるフィナステリドはこのジヒドロテストステロンの発生原因となる5αリダクターゼの活性を阻害します。しかし、実はこの5αリダクターゼには1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼという2種類があります。フィナステリドはこのうち2型5αリダクターゼに対して効果的です。

両者の違いは、主として分布する場所の違いによります。1型は、ほとんどの毛の毛乳頭に存在するのです。2型は頭頂部と前頭部など、AGAの症状が出やすい場所に多く存在します。

フィンペシアとプロペシアの違い

フィンペシアとプロペシアは効果・飲み方・副作用などがほぼ同じ

薄毛治療にも色々な種類があります。病院で処方される薬ではプロペシアが有名ですが、より安価で購入できるフィンペシアも人気が高いです。

プロペシアとフィナステリドの主成分は、どちらもフィナステリドです。飲み方も1日1錠となっています。コーティング剤などには違いがあっても、基本的には同じ薬と考えて良いと言えるでしょう。効果も同じものが期待できます。

フィナステリドは、脱毛の原因となる強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの発生を抑えます。継続して服用することで、ヘアサイクルを回復させ、AGAを治療するのです。

薬を飲むうえでは副作用も気になるところですが、こちらも同じようなものとなっています。
副作用の現れ方には個人差もあり、ほとんど症状が出ないという人もあれば、体調の変化をはっきりと感じる場合もあります。男性ホルモンへの影響があるので、人によっては性欲減退や勃起不全が起きるのです。

フィンペシアやプロペシアを飲んでも、性機能に全く影響が出ない人も多いとされています。
EDなどが気になる人は、服用を中止しましょう。或いは、必要なときにED治療薬を服用するのもありかと思われます。

プロペシアとフィンペシアは製造会社と購入方法が異なる

プロペシアとフィンペシアの具体的な違いは、製造会社と購入方法です。

プロペシアは、アメリカのメルク社のグループであるMSD株式会社が製造販売しています。一方フィンペシアは、インドの製薬会社であるシプラ社が製造しているのです。プロペシアが先発品(新薬)なのに対して、フィンペシアは後発品(ジェネリック医薬品)と言えます。

新薬を作る際は、有効成分の開発に莫大な費用が必要です。しかし、ジェネリックの場合は、すでに有効成分や作り方もわかっているので、安価での提供が実現できます。安全性については、どちらも同じ有効成分ですので、ほぼ同じです。

また、購入方法が異なります。プロペシアの場合は、AGA治療を行う医療機関で処方してもらうことができます。しかし、フィンペシアは医療機関ではまだ処方されていません。

フィンペシアは、海外通販で購入できます。個人輸入という形式を採ります。輸入というと難しいイメージがありますが、輸入代行業者を通じて注文すれば、通常のオンラインショッピングと同じ感覚で薬を購入できるのです。

値段の安さや継続のしやすさなら断然フィンペシア

フィンペシアとプロペシアはどちらを選ぶべきでしょう?結論から言うと、安全性を採るか値段を採るかによって変わります。

安全性を重視するのであれば、厚生労働省の認可が下りているプロペシアを選ぶべきです。プロペシアを入手するには、医療機関に足を運ぶ必要があります。病院なら間違いなく本物を入手できるので安心です。

さらに、健康状態などもチェックされます。薬を飲んでも問題がないか確認してもらうこともでき、副作用が強く出た場合もすぐに対応してもらえるのです。医師や薬剤師から服薬のアドバイスが得られるのもポイントと言えます。

とはいえ、薄毛治療は、保険適用ではありません。診察費や処方箋料、検査料に加えて、プロペシアの料金も加わるので、結構費用がかさみます。

そのため、価格面では通販で購入できるフィンペシアのほうがかなり安く入手できます。
無理なく治療を続けていきたいという人は、通販がおすすめです。

通販を利用する際は、あんしん通販マートやオオサカ堂などの、信用性のあるサイトを利用しましょう。

あんしん通販マートやオオサカ堂以外にも海外医薬品の通販サイトは多いですが、安さだけで選ばず、会社の信頼性をチェックしましょう。成分鑑定表や配送保証が提供されているかも確認しておくと良いでしょう。